当ブログではこれまで記事中の外部リンクを「同じタブ」で開く設定となっていました。

それに気づいたのはいつの事でしょうか…、投稿するクセに自分のサイトをほぼ見ないので…。

当ブログではこれまでそれほど外部リンクを貼ってきたわけではありませんでしたが、
プログラミング関連のお話や商品に関するお話を書こうと思ったら必然的に外部リンクが増えます。

「善は急げ」とも言いますので、「思い立ったが吉日」、外部リンクの
「別タブで開く」化を進めていくことにしました。

WordPressにおいて外部リンクを別タブで開くようにするには、
普段使用しているエディタ上からの設定で行うことが出来ます。

しかしエディタ上からの設定を行う場合、既に投稿した記事に関しても
同様の対応を一つ一つ行っていかなければなりません。

さすがにその手間は省きたいので、今回はプラグインで対応することにしました。
プラグインでの対応を行うにあたり下記サイトを参考にさせて頂きました。

『Open external links in a new window』のインストール

上記サイトの記載に従い、『WP External Links』を検索したところ…、

見つからない!!!
(2019年2月現在)

ということで、検索の結果一番上に出てきた
『Open external links in a new window』をインストールすることにしました。

設定

設定画面は全て英語になります。

翻訳できないこともないですが、風邪気味の時に見たのですぐさまGoogle先生に頼りました。

余談になりますが、数あるブラウザのうち『Google Chrome』は
ブラウザ上で右クリックメニューから「日本語に翻訳」という機能を使用できます。

PCのセットアップなどで初期状態のWindows10を触ったときに気付いたんですが、
『Edge』等にはこの機能がないようです。

話がそれましたが、プラグインのインストール/有効化で、
「外部リンクを別タブで開く」設定が適用されるようです。

その他、例えば自分のサイト内のリンクを別タブとして開きたい場合には上の欄、
外部サイトでも同じタブで開きたい場合には下の欄に設定することが出来るようです。

まとめ

WordPressで外部リンクを別タブで開くようにするには

  1. エディタ上でリンクを張る際に「リンクの挿入/編集」から「リンクを新しいタブで開く」にチェック。
  2. 『Open external links in a new window』プラグインを利用する。 ※2019年2月時点

以上です。

スポンサーリンク