これまで当ブログでは無料のテーマである『XeoryBase』を使用してきました。

理由としては何と言ってもやはり「運用コストが抑えられる」からでした。

しかし、当ブログの改造をいろいろ行っていた3月頃に突如として「有料テーマにしたらどうなるんだろう?」という思いに至りました。

その時は「4月に入って生活が落ち着いたら考えよう」と先延ばしにしていたのですが、4月に入ってからはそれ以前よりも忙しくなってしまったので、結局まとまった休みの取れるGWまでズルズルときてしまいました。

その間にも「どのテーマに切り替えようか」というのは常々考えていたので、その中で決めていた『賢威』に変更してみることにしました。

『賢威』の導入

『賢威』のダウンロード

賢威』は『XeoryBase』と異なり、有料のテーマであるため、お金を出して購入する必要があります。

3月頃調べた時からどういうわけか「14,800円」を思い浮かべていたので決済画面でちょっと面食らいました。「24,800円」かかります。

決済後、20数種類のテンプレートの中から好きなテンプレートをダウンロードできるようになります。

余談になりますが、マニュアル含め有料製品は設定等の解説が充実しているんですね。

テンプレートはHTML版(通常のサイト)とWordPress版があります。当ブログはWordPressなのでWordPress版を選択します。

テンプレートの選択画面が表示されます。

今回は好きな寒色系のクール版ネイビーを選択しました。

背景が白だと文字色の一部が見えにくくなってしまうのもテーマを変えようと考えた理由の一つでした。

『賢威』テーマの適用

代替の方はWordPress導入当初に経験しているはずなので飛ばしていただいて構いません。が念のため残しておきます。

ダッシュボードで『外観』⇒『テーマ』を選択します。

テーマの一覧が表示されるので『新規追加』を選択します。

今回はダウンロードしたテーマを使用するため、『テーマのアップロード』を選択します。

購入した『賢威』を圧縮ファイルのまま選択し、アップロードします。

この際、YoutubeやOneDriveなど通信しているサービスがあるようであれば切っておいた方が無難です。タイムアウト短いようなので…。

アップロードが完了すると下記のような画面が表示されます。

毎回思うのが、「パッケージを展開しています…」というところだけ見ると完了していないように見えることでしょうか。

ステータスバーとかつけて頂いて、メッセージももっとリアルタイムで変更される形式だとわかりやすい気がします。

『賢威』の適用

ダッシュボードから『外観』⇒『テーマ』をクリックすると、既に追加されていたテーマに加えて先程アップロードした『賢威』が追加されているので『有効化』します。

移行後のアレコレ

トップ

XeoryBase』では表示されいた横並びのメニューバーが表示されなくなりました。がこちらは設定されていなかっただけで、『ウィジェット』の設定から表示をお乞うことが出来るようになります。

また、初期ではトップに地球儀の画像が表示される設定となっています。

代わりの画像を探したのですが、どうにも当ブログのイメージになるような画像が見つからなかったので、そんな画像に巡り合うまで非表示とすることにしました。

上記のURL欄を空欄に設定しています。

加えて、これまで最新の投稿記事が3件全文表示されていましたが、一定文字数までを表示し、残りは『続きを読む』という形で表示されるようになりました。

ゲームで撮ったスクリーンショットを掲載することが多いため、記事によってページの表示が変動してしまうことを避けたかったのも以降の理由の一つです。

目次

ダッシュボードに増えた『賢威』の設定に下記のような項目がありました。

こちらデフォルトでは無効になっていたのですが、有効にすると下記のような表示になります。

これまでの表記より若干オシャレになった気はするのですが、初期のままだと表示位置が投稿記事の最上位になり、不要な項目までも表示されてしまうようだったので一旦は非表示に戻しました。

設定等を見直す機会があれば頑張ってみようかなと思います。

お問い合わせフォーム

移行した当初、テキストエリアがはみ出すという何とも残念な表示なっていました。

こちらは下記の対処で解決しました。

ダッシュボードから『外観』⇒『CSSの編集』で下記コードを追加します。

名前で指定するのがちょっと怖い気もしますが、何はともあれ解決しました。

※上記コード上の『your-○○○○』となっている個所は各環境でお問い合わせフォームの名称と合わせる必要があります。

タグ

<h1>がこちら。

<h2>がこちら。

<h3>がこちら。

これまでよりもオシャレな感じになりました。

とりあえず、初回導入してみた感じでした。

他にも『XeoryBase』から移行して不具合が生じた点等あれば紹介していこうと思います。

以上です。