先に記事にした通り、私は就活の際に
①学部卒では研究職は難しい
②ゲーム作りたい、パソコンで仕事したい
という理由から化学系ではなくIT系の企業に就職しました。

     

以下、新卒入社した企業をH社とします。

 

【参考】

 ・ブラック企業就職偏差値ランキング

 ・就職偏差値ランキング委員会


目次
 1. 入社2ヶ月で分かった実情
 2. 無意味な時間を強いられる
 3. 育たない人材
 4. 退職後のお話


1. 入社2ヶ月で分かった実情

 結論から言うと、「いい人ほど最初に辞めていく」ということ。

 

 大学4年の10月に内定式を終え、
 それから入社まで月に1回くらい、内定者勉強会が開催されていました。

 私が入社した会社はグループ企業だったので、
 講師は持ち回りでやっていたようです。

 その中で強烈だったのは2回目の勉強会の時でしょうか。
 私が内定を頂いた会社の先輩が講師だったのですが、
 空前絶後のコミュ障でした。

 さらには口の動きもぺちゃぺちゃうるさく、
 選んだ会社を後悔したりもしました。

 しかし毎回勉強会の進行などを務めていた
 グループの大元企業の先輩社員がとてもいい方で、
 最終回では「社会人ってこんな感じだよ」というお話をして頂きました。

 

 もちろん社会人のいいことばかりではなく、
 「理不尽なこともたくさんある」ということも。

 その方もおそらくだいぶ苦労されていたのでしょうか。

 30歳前後の方でしたが、実体験に基づいていたようで
 説得力があり、とても印象に残りました。

 そんな方が入社して間もなく退職されたときはショックでした。

 その方は他の社員さんからも親しまれており、
 「俺もいつ辞めようかな」って話をよく聞くようになりました。

 その後も「いい人」がどんどんやめていき、残るのは「使えない人」。

 そういう会社なんだなって思いました。


2. 無意味な時間を強いられる

 7月頃からでしょうか。
 10月だか11月頃に行われる社員企画のプレゼンに向けて
 「今年は早めに着手しよう」という動きになりました。

 先輩社員はほぼ客先常駐の為、
 社内に残っているメンバーが主体で進めることに。

 残っているメンバーと言ってもほぼ新人の為、
 テーマを渡されて、「うまいことやっといて」。

 ぶん投げですか。

 定時後残って作業するも、残業代は発生せず。
 ちなみにこれ、全社で取り組むサービス残業でした。

 

 どんだけいい企画があっても
 採用された実績すらありません。ただの役員の道楽です。

 私は途中から客先常駐となりますが、
 客先にいた先輩社員が作業を確認してくれるでもなく。

 「今日戻りますので~」と言っても「行けたら行くわ」的な。

 資料までは作成して、発表は先輩社員にぶん投げました。
 打合せとか参加してなかったので、発表ボロボロでしたね。


3. 育たない人材

 

 先にもお話ししましたが、「いい人」はことごとく辞めていきます。

 残るのは「使えない人」。
 「使えない人」ほど仕事が終わらず、残業代稼げるっておかしいですよね。

 そんな人ばかり残るので、不足したリーダー的存在を補うべく、
 上長は中堅社員をトップとしたチームを客先に作ります。

 しかし、既に残された「使えない」中堅社員は
 「楽してお金貰えればいいや」という考えの人が多いので、
 新人や3年目ぐらいの社員の面倒を見るという責任は放棄します。

 

 最初の4か月ほどはプロジェクトも別だったので、
 それぞれがプロパーとやり取りをするという感じでした。

 その後同じプロジェクトに配置されましたが、
 その後もその中堅社員はリーダー的行動をせず。

 それまでに私は確認を怠ってプロパーから度々怒られていたので、
 プロジェクトが変わった後はその中堅社員に確認していましたが。

 その中堅社員はプロパーへのパイプにもならず、
 挙句の果てにはその人自身が確認を怠っていました。

 その旨上長に伝えましたが、
 上長は人を入れておけば後は知ったこっちゃないって感じでした。

 その為、客先でのチームはほぼ壊滅状態で、
 ついにはプロパーからも注意を受ける始末に。

 それによる悪影響はほぼすべて私のところへ来てました。

 上長の配置の下手さもそうですが、
 リーダー的存在が育つような環境ではないと確信した時です。

 ゲーム開発は絶対やらないという感じの企業だったので、
 結果1年1か月で退職しました。

 


4. 退職後のお話

 前任の上長が頑張って耕した畑を、
 水やりだけして放置してしまったその時の上長は
 アンマッチな配属を度々行い、役員から怒られてハゲてきてるそうです。

 


就職活動中の方へ

内定貰ってうれしいのはわかりますが、
ブラック偏差値だけは確認しておいてください。

イラストはこちらを使わせて頂きました。

かわいいフリー素材集 いらすとや