先日とある先輩から『結婚祝い』と題して『Surface Pro 6』を頂きました!

主なスペック
  • OS:Windows10 Home 64Bit
  • CPU:インテル® Core™ 第 8 世代 i5-8250U
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD

しかも本体色は人気のブラックを頂きました。ブラックのこのスペックはとても人気のようで、ネット上を探しても「入荷次第発送」とか「残少」といった文言が良く見られます。

店舗に行ったら普通に在庫あったよ」と仰っていたので、買おうか迷っている方はネットをチェックの上店舗までどうぞ!値引きは難しいようですが、大きく値段が違う場合はネットの入荷を待ちましょう。

Surfaceを受け取った後の一言はなかなかのプレッシャーでしたが、これで頑張れます!

早速使いたいシーンで利用できる様にアクセサリをいくつか購入しました。

今回購入したアクセサリ

のぞき見を防止できる保護フィルム

カフェなどでの利用シーンを考え、のぞき見を防止できるタイプを選びました。別に屋外でいかがわしいサイト開こうとしているわけではありません。

もう一個理由があるのですがそれは最後にでも。

早速、正面から見た感じ。

普通に見えますね。

ちょっと角度付けた場合。

離れた箇所がだいぶ見えにくくなってきました。

さらに横から。

ほぼ見えません。

画面の明るさに依存するところはあるようですが、カウンター席の隣とかじゃない限りはのぞき見を防止できそうです。もちろん真後ろからは丸見えですが。

今回購入したこちらの保護フィルムを選んだもう一つの理由が、着脱可能というところです。

フィルムの淵部分がマグネットで出来ているため、装着する際にズレても修正可能ですし、のぞき見を防ぐ必要が無い(二人で画面を除きたいなども)場合にすぐ取り外すことができます。

ただし、保護フィルムを装着した状態だとフィルムの加工によるものなのか、本来の画質とは少し異なった見え方になります。

それでも元々の画質が素晴らしいので、のぞき見を防止できることを考えれば充分ですね。

本体カバーケース

カバンに入れて持ち運ぶ際に、電車の中などで肘撃ちでも食らったら悲しいことになるので、カバーケースも購入しました。

今回購入したカバーケースはSurface全体を覆うタイプです。本体の角度調整も可能なので、本体を保護しながら使用することが出来ます。

折りたたむと厚さが2~3センチ程度になり、Surfaceの薄さが失われてしまう点が妻から寄せられた不満ですが、個人的には膝の上でも扱いやすくなったので納得しています。

気になっていたこと

膝の上で使えるか

Surfaceは通常のノートパソコンとは異なり、タブレット型になっています。その形状から膝の上での使用が難しいのではないか、という懸念がありました。

実際、意外と快適でした。文章おかしい気もしますが、快適でした。

確かに脚に接する面が少ないので、不安定と感じるときもありましたが、1記事書いたら全く気にならなくなりました。

本体の脚を膝の皿に引っ掛けるとより安定します。

キーボードの打感

Surfaceタイプカバーと呼ばれる専用のキーボードがあるのですが、これが意外と柔らかいんです。

通常のノートパソコンのように本体と一体化しているわけではないので、店頭などで打感を確かめてみると分かりますが、強く打つと沈むような感覚があります。

これも実際、意外と気になりませんでした。文章おかしい気もしますが、気になりませんでした。

最後に

Surface、めっちゃいいです。今後は開発用としても使っていく予定です。

以上です。

スポンサーリンク