以前当ブログで『人がいなくならないプロジェクトとは』というタイトルで記事を書きました。


その続きというわけでもありませんが、ここ最近は『時間とお金』に関していろいろ考えていました。

人は時間が無い状況とお金が無い状況、どちらがストレスに感じるでしょうか。
今の私の結論としては、人間はお金が無い状況の方がストレスである、です。

お金はあるが時間が無い

例えば、時間が無い状況をストレスに感じることがあっても、お金があればストレスを発散することが出来るだけではなく、時間をお金で買う事も出来ます。

食事一つとっても、食材を買えば安く済ませることが出来る反面、時間をかけることになります。
反対に出来合いのものを購入すればその分高くつきますが、食材を調理する時間を別な事に充てることが出来ます。

お金は無いが時間はある

それでは、お金が無い状況にストレスを感じているが、時間の余裕はあるという状況はどうでしょうか。

お金が無い状況によるストレスの発散をしようと考えた時に、時間の使い方次第ではお金をかけずともストレスを解消できる、という意見もあるかと思いますが少なからずお金が発生するのが事実です。

最もお金のかからないであろうウォーキングであってもウェアやシューズ、極端なことを言えばウォーキングをしない場合に比べて余分にとる飲み物やシャワー(水道代)など。

ここで、空いた時間を利用してアルバイトなどでお金を稼ごうとすると、結局「お金はあるが時間が無い」状況になります。

人がいなくならないプロジェクトとは

まとまっていない文章がだらだらと並んでしまって、閲覧されている方には申し訳ない限りです。

ここで主張したいのは、毎日定時退社のプロジェクトだったとしても「人がいなくならないプロジェクト」にはなり得ないのではないか、ということです。

今こうしてこの記事を書いている私も含め、現代に生きるほとんどの方はお金に支配されている状態です。

毎日定時退社だったとしても、月の給料に満足している人は少ないのではないでしょうか。

「もう少し稼ぎたい」「(IT業界で)稼ぐためには残業しないと」「でも残業するようなプロジェクトじゃない」「もっと基本給のいい会社を…」

補足

ただし、先述のような状況はプロジェクトに魅力が無い場合に限ります。
プロジェクトへの意欲が旺盛であればいくら残業をしても、稼ぎが少し足りないと感じても携わり続けられるでしょう。

それほど意欲をもって携わることが出来る仕事が会社にあるかどうかは難しいところですが。

つくづく会社勤めには向いていないな、と感じる今日この頃、在宅勤務OKの求人情報が脳裏に焼き付きます。


フルリモート可能で副業OKって、今の私にとっては最高の条件です。

以上です。

スポンサーリンク