最近スキマ時間を見つけては読書を楽しむようにしています。

余談ですが、早い段階(例えば中学生など)から読書を習慣にしておくことは大事だと思います。

と言うのも、ビジネス書を読んでいても「あ、これ受験勉強をしていた頃に知りたかったな」とか「この考えをもってたら人生変わっていたな」と気付かされることが多々あるからです。

読書の素晴らしさについては別で熱く語ることにしますが、読書は大事です。

話を戻します。

私はこれまで「電子書籍なんぞ邪道だ!」くらいに考えていました。※理由は後述します。

しかし、最近の読書生活を通してふと思うことがあり、同じような考えを持つ人や読書を趣味として始めようとしている方の参考になればと思い、この記事を新幹線の中から綴っています。

「新幹線の中でこそ本読んどけよ」という意見もあるかと思いますが、ご容赦くださいませ。

電子書籍

もう馴染みも深いであろう『電子書籍』のメリット・デメリットを軽く説明しておきます。

電子書籍のメリット

物理的なスペースを取らない

『電子書籍』は書籍の内容を全てデータとして扱っています。

その為、これまで本を買うごとに増設していた本棚の数や、これまで本棚としていた自宅のスペースを大幅に削減することが出来ます。

紙の書籍に比べて価格が安い

単純な話ですが、これまで印刷してきた表紙やページなどを印刷するためのコストがかかりません。

その為、通常の『紙の書籍』に比べて値段が安い傾向があります。

気になった方は下記のリンクから電子書籍版と書籍版の価格を比べてみてください。

暗いところでも読むことが出来る

『電子書籍』を読むにはスマホをはじめとした端末が必要になります。

中にはバックライトを搭載しないモデルもあるようですが、ほとんどはバックライトが付いています。

その為、昔ながらの寝る前の読書のような、スタンドライトの明かりで本を読む、ということは無くなります。

本のサイズに左右されない

先述した通り『電子書籍』を読む場合には端末を利用します。

その端末一台あれば文庫サイズの小説から大判のハードカバーまであらゆる書籍を読むことが可能になります。

例えば、東野圭吾さんの『白夜行』などは文庫サイズではあるものの総ページ数が800を超え、まるで辞書の様になっています。

『紙の書籍』であれば読むページを開くのにそれなりに労力を取られることになりますが、『電子書籍』はその必要もありません。

普段スマホをいじるような感覚で、スワイプだけでページを捲ることが出来ます。

在庫切れの心配がない

『紙の書籍』の場合、売る側であるお店は在庫を抱えておく必要があります。

しかも、どれぐらい売れるか、をある程度考えて在庫を抱えておくため、何かの拍子に在庫を上回る需要が発生した場合、供給が追い付かず注文購入となる可能性があります。

『電子書籍』であれば、抱えておく在庫はデータでありコピーが可能です。その為、在庫切れという心配はありません。

すぐに読める

『紙の書籍』の場合、ネットで注文して届くまで待つか、店舗に行って購入する必要があります。

しかし、『電子書籍』は利用する端末にデータをダウンロードするだけで読み始めることが出来ます。

電子書籍のデメリット

一見いいこと尽くしのようにも思える『電子書籍』にもデメリットは存在します。

対応していない書籍がある

2019年9月時点では全ての書籍が『電子書籍』で読むことが出来るわけではない、という状況です。

中には「え、これだけ有名でも電子書籍版無いんだ…」と思う書籍もたくさんあります。

私が数年前に多大な影響を受けた里中李生さんの書籍も『電子書籍』には対応していないものがあるようです。

ただし、今後デジタル化が進んでいくにつれて『電子書籍』の取り扱う種類が『紙の書籍』を超える日が来るかもしれませんね。

目に優しくない

先述の通り、『電子書籍』を読む端末にはバックライトが付いていることがほとんどです。

例えバックライトが付いていなかったとしても、『紙の書籍』を読むときには目に入ることのない光が少なからず存在します。

同じ距離でモノを見続けることによる視力の低下はどちらも共通していますが、ブルーライトによる疲労の蓄積が無い分『紙の書籍』の方が目に優しいといえるでしょう。

電気が必須

『電子書籍』を読む端末は機械である以上、電気の供給が必要になります。

その為、震災の時のような大規模停電の際は利用できなくなる恐れがあります。

かくいう私は震災後の電気が無く、することもなかった日々を漫画を読むことに費やしました。

ページの移動が面倒

「スワイプで簡単にページを捲れる」と言っておきながら何ですが、『電子書籍』では数ページをまたぐ操作が非常に面倒です。

読書を進めていくうちに「あれ、この言葉の意味何だっけ」「この人どこかで登場していたような…」とページを戻って読み返したいケースって多いですよね。

『紙の書籍』であればパラパラと捲って探すことが出来ますが、デジタル世界の『電子書籍』においては一筋縄ではいきません。1ページずつ戻るか、特定のページに飛ぶかのどちらかです。

これが私が『電子書籍』を嫌悪していた最大の理由です。

紙の書籍

『電子書籍』の項でだいぶお話してしまったので、軽~く説明します。

紙の書籍のメリット

ページの移動が楽

『電子書籍』では先述の通りページの移動が難しいですが、『紙の書籍』であれば指や栞を挟んでおくなど目印を簡単につけることが出来ます。

書斎のロマン

男性の中には私同様に書斎への憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

売却可能

『電子書籍』の場合はデータを削除することしかできませんが、『紙の書籍』であればブックオフなどに売却することが可能です。

ビジネス書などであれば『電子書籍』と『紙の書籍』の差額分にしかならないことも多いですが、漫画であれば高額で売却が可能です。

何度かモノの売却を経験したことがある方であれば、「要らなくなっても売れるような買い物をしよう」と心掛けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

紙の書籍のデメリット

スペースを取る

データで管理される『電子書籍』とは異なり、『紙の書籍』は実体を伴うため、蔵書が増える分自宅のスペースが圧迫されていきます。

ただし、それすらもインテリアとして組み込むことで部屋におしゃれ感を出せることは言うまでもありません。

シーンによって使い分ける

スキマ時間を有効活用しようと、通勤電車の中でも読書を始めたのですが、『紙の書籍』を読もうとするとどうしても両手を使う必要があります。

もちろん通常であれば片手で読むことも可能ではありますが、私が利用する通勤電車は結構揺れるため片手は吊革に捕まるために使わざるを得ません。

そこで思いついたのが『電子書籍』でした。(あんなに嫌悪していたのに…)

調べてみたところ、Androidスマートフォンであれば『kindle』のアプリがあるではありませんか。

しかも、『Amazonアソシエイト』登録審査時の事前対策として『Amazonプライム会員』に登録したのは記憶に新しいところですが、なんとPrime会員になっているといくつかの書籍を無料で購読することが可能なのです!

Prime会員の月額料金は500円ですが、この金額で実質読み放題となれば使わない手はありませんでした。

早速導入してみたところ、これまでカバンに入れていた文庫本が無くなったことで荷物は軽くなり、揺れる車内でも片手で快適に読書を嗜むことが出来ました。

先述したようなデメリットはあるものの、スキマ時間を利用して読書をする、という目的の元であれば全く気になりません。

まとめ

「まとめ」というほどのことではありませんが…。

学んだこと
  • 読書が目的ならば『電子書籍』だとか『紙の書籍』といった先入観は捨て去った方がよい。
  • スキマ時間を有効活用するには『電子書籍』はめっちゃ便利。
  • Amazon Prime会員(月額500円)になるとkindleを利用して一部の書籍が購読可能になる。

今後はPrime会員特典の無料購読可能な書籍だけではなく、その他の書籍でも試していこうと思います。

スキマ時間を持て余している方は『kindle』試してみませんか?

Amazonプライム会員』は通常月額500円のところ、30日間は無料で利用することが出来ます!

また、無料体験は何度でも利用できるとのこと…、Amazonさん太っ腹すぎます。

以上です。

スポンサーリンク