先週末、あまりの天気のよさに「これは出かけずにはいられない」と思い立ち、宮城県大崎市にある『潟沼(かたぬま)』に行ってきました。

『潟沼』を選んだ理由としては、晴天に加えて結婚資金準備のためにもデート代を安く済ませたいという思いから景観を楽しめる場所を探していたところ辿り着きました。

アクセス

『潟沼』へは東北道古川ICを降りて国道47号線/108号線を山形方面に(交通状況にもよりますが)1時間程度で到着します。

注意点としては、国道から外れて湯元にまで上がる際の道のりがなかなかの山道であるところ。

国道から外れてすぐの坂道が一番急になっており、軽の方は後続車がいれば道を譲った方がいいレベルでした。

途中ヘアピンカーブが2連続しますが、タイヤ痕が残っていないところを見ると走り屋でもそうそう手を出さない道のようです。

また、日差しが強いと視界前方が見えなくなる箇所がいくつもあり、低速で登っていく必要があります。

逆に帰り道は登ってくる車にはこちらが見えていないと思って慎重な運転を心がけましょう。

さらに、『潟沼』にほど近い箇所で100メートルほど、車一台しか通れない道があります。

フロントが長かったり車体が高いと見えにくい箇所もあるため、雪山とも違って快適に登っていけるのはランエボやWRXぐらいではないかと感じさせられました。

※スキー場の方から登った場合はまた別かもしれません。

潟沼レストハウス

スキー場側からではなく、先述の国道側から登った場合、『潟沼レストハウス』の目の前に出ます。

今回は利用しませんでしたが、『潟沼レストハウス』では軽食の他にボートの貸し出しも行っているようです。

※裏側の看板でごめんなさい。

『潟沼レストハウス』の近くから撮影した写真がこちらです。

初見の感じでは、じゃらんサイトにある感嘆するような景色ではありませんでした。

「肩透かしか…」と思っていたのですが、どうやら角度や光の当たり具合でかなりの差が出るようです。

間違えました。妻が若干映り込んでいましたね。

こちらです。

分かりにくい写真で大変申し訳ない限りですが、一枚目・二枚目と見比べて頂けると分かるかと思います。

太陽の光が当たるとこのようにキレイな色を楽しむことが出来ます。

また、近くよりも遠めの方がきれいに見えやすいです。ドローンなどで撮影できればかなりいい写真が撮れるのでしょう。(ドローン飛行禁止のような看板が立ててありました…)

今はやりの『SUP』をされている方がたくさんいらっしゃいました。機会があればやってみたいですね。

クレー射撃場

『潟沼』の周辺を散策していると何やら「パン、パン」という音が。

よくよく地図を見てみたら脇に『クレー射撃場』があったんですね。

なお、『クレー射撃場』と『潟沼』を直線で結んだその中間点辺りで温泉が湧いているのか硫黄が噴出しているのか、かなりの硫黄臭がします。(『潟沼レストハウス』あたりだと少し臭う程度でした。)

『クレー射撃場』は少し高いところにあるため、レストハウス近くでキレイな色を見つけられなかった場合は『クレー射撃場』周辺の林の隙間から見下ろすといいかもしれません。

ちなみに、少し遠めですがその写真がこちらです。

夏なので草木が生い茂っていたせいもありますが、160cm程度の身長が無いと見えづらいです。

なるこりんの野菜ジェラート

行きの道中で『なるこりんの野菜ジェラート』と書かれたピンクの看板とお店が気になったので、『潟沼』からの帰り道に寄ってみました。

どうやらこれより手前の道の駅にも店舗があったようで、そちらを利用するお客さんが多いようです。

メニューは10種類ほどあり、私と妻でそれぞれダブルを注文しました。

注文したメニュー

左から

  • いちごとラズベリー(ベリー系大好きです)
  • 塩バニラ(塩釜の塩を使っているらしいです)
  • ぶどう(その日から販売開始だったようです)
  • プラム(この中では一番ジェラート感がありました)

※メニュー名を写真に収めてくるのを忘れてしまったので、だいたいです…。ごめんなさい。

「野菜ねぇじゃねーか」というツッコミは勘弁してください。好みで選びました。

正直に、全部おいしかったです。特に『塩バニラ』は絶対食べてほしいメニューですね。

『なるこりんの野菜ジェラート』店舗内には試作品(?)と思われるジェラートのプレゼンパネルがあったのですが、なかなか面白そうなメニューが並んでいました。

『ポテトサラダ』が出たらまた来て食べてみたいですね。

思い立ってすぐのお出かけでしたが、晴天を有意義に過ごすことが出来ました。次回はSLでも見に行きましょうかね。

以上です。

スポンサーリンク