少し前に以下の記事を投稿させて頂きました。

まぁ、コチラの記事がバズったとかそういうわけでは無いのですが、フォローされていない方から「いいね!」を貰ったりと少しは共感して頂ける方がいたのではないかと思います。

その後も当ブログの収益化に関して少し考えを巡らせていたのですが、突然あることに気付いたので書いておきます。

当ブログのカテゴリ

当ブログは雑記スタイルですが、メインは一応プログラミング関係のつもりです。

投稿数を見るとどうしてもゲームが5割弱を占めているので、説得力ないですが…。

当ブログの収益化方針

先述の通り、当ブログはプログラミング関連がメインなので、私の様なエンジニアをターゲットとしています。

なので、アフィリエイト広告はIT業界関連のモノを使用し、機会損失を減らすためにGoogle AdSenseも導入しています。

当ブログのアクセス獲得

先述の通り(ry

エンジニアの方であれば分かるかと思いますが、仕事中の検索回数って半端ないんですよね。

なので、業務中(平日昼間)のアクセス獲得は比較的容易に行うことが出来ています。

ただし、その分休日のアクセス数には乱れがあります。

アクセス数が増えても収益が増えない

まぁ、アクセス数がそれなりの収益を上げられるだけ獲得できているか、と言われると自信ないんですが。

これまで3年程度運営してきて、自身の他業種経験からも、広告単価の高い時期が分かるわけですが、収益がそれに比例している。

つまり、アクセス数の多寡にかかわらず、ほぼ横ばい状態だったんです。

収益が増えない理由

そもそも当ブログがターゲットとしているユーザって広告クリックしなくね?という問題。

エンジニアの方であれば分かるかと思いますが、仕事中のパソコンの利用歴はログとして保存されていることがほとんどです。

なので業務に関係ないようなページは意図的に避けているといってもいいでしょう。

例えAdSense広告が業界関連の内容であったとしても、それらサービスと実作業は直結しないので、クリックされることが無い。

アフィリエイト広告にしても、会社のパソコンから求人応募やサービス利用なんてできないので、クリックされたとしても成果が発生することは奇跡的な確率でしょう。

収益化ブログのカテゴリーは何を選択すべきか

簡単です。仕事よりもプライベートで検索されるカテゴリを選べばいいんです。

極論、仕事のパソコンでは調べられないようなカテゴリです。

休憩時間中にスマホで何を見ていますか?休日はスマホで何を見ていますか?

それが収益化の源泉です。

最後に

Google AdSenseとアフィリエイトの収益化の違いを考え、成果が発生しない理由を考え、今後どのようにブログを運営していこうか考え込む羽目になりました。

収益化に対してもっと力を入れていれば3年目にして気付くことは無かったのでしょうが…。

とりあえずやってみるのが早い、とは言ってもやはりPDCAは大事ですね。

以上です。

スポンサーリンク