メディアにも大々的に取り上げられるようになってきた『煽り運転』。

2020年6月30日から厳罰化されたものの、遠出する際などにはいまだによく見かけます。

都市部およびその近郊の運転が荒いだけなのでしょうか?

ともあれ『煽り運転』は命をも奪いかねない危険な行為ですので、淘汰されていく事を願っています。

なぜ『煽り運転』が発生するのか

当ブログでも以前どこかで書いたような気がするのですが、煽る側と煽られる側の心の余裕度に大きな差が出来た時に生じる、と考えています。

極端に言えばゆっくりドライブしている人と、危篤の患者のもとへ急ごうとする人、ぐらいのイメージです。

ちなみに、街中ではよく営業車が爆走しているのを見かけます。

もうちょっと余裕を持ったスケジューリングが出来ないものかと思ったりするのですが…。

『煽り運転』撲滅の切り札

警察などはヘリコプターを用いて上空からの取り締まりなどを強化しているようですが、正直無駄な経費ではないかと思っています。

墜落するリスクは低いかもしれませんが、空を使うのは旅行か空輸か追跡か報道か戦争ぐらいにしてほしい。

もちろん、戦闘機や爆撃機が頭の上を飛んでいる状況というのは御免ですが。

①覆面パトカーを変える

覆面パトカーと聞いて、どのような車種を思い浮かべるでしょうか。

クラウン、レガシィ、LS、スカイライン、マークXとかその辺ですよね。

いわゆるセダン系の車ですが、セダンを煽る車って見かけたことありますか?無いですよね。

高速走行に耐えられる必要があるのかもしれませんが、覆面の意義を通すなら普段の交通の中にありふれた車種にしてみてはいかがでしょうか。

きっと軽とかコンパクトカーにしたらもっと検挙率上がりますよ。

②ドラレコを変える

まず全車両に前後左右を見渡せるドラレコの設置を義務付けます。

ドラレコを販売している会社の利権も絡んできますが、メーカーが設置の義務を負うのが(コストがヤバいかもしれませんが)一番ではないでしょうか。

標準装備というコトです。そしてここからが重要。

義務で装着されたドラレコの映像を解析し、『煽られている』あるいは『煽っている』とプログラムが判断したらその情報を警察に送信してしまえばいいのです。

全て送信するのではなく、プログラム判断で送信するのがポイントですね。

『煽り・煽られ』の基準はどうしてもヒト依存になってしまっていましたが、プログラムであれば明確な基準をもって判断できますから。

ドラレコの映像が証拠になりますし、ドラレコと所有者の照会(あるいは社内映像も同時に送信、つまり所有者とは別に運転者の照会)が可能になれば検挙も簡単ですね。

③車を変える

車間距離を認識して回転数を落としたり、ブレーキがかかったりする安全技術の搭載を義務化してしまうんです。

これには車の買い替えや装備を補助する制度なども併せて検討しする必要があるでしょう。

いきなり義務化してもお金に余裕が無ければ車を手放すしかなくなってしまいますからね。

今は前後だけだったと思いますが、そのうち幅寄せにも対応してくれるのではないでしょうか。

最後に

そう言えば先日岩手を訪れた際にも46号線で交通量が多い中煽ってきた黒の軽がいましたね。

お出かけの中で遭遇したのがその1台だけだったのでよーく覚えています。

バックミラー越しに観察していましたが、かなりヒステリックな女性でした。

同じ岩手県民として恥ずかしい限りです。

以上です。

スポンサーリンク