Microsoftが提供するIDEであるVisual Studioには

デフォルトで便利な機能が多数搭載されています。

 

しかし、あまりにも多数搭載されているため

ショートカットでさえ覚えきれません。

 

それをMicrosoftも理解しているのか、

便利な機能を簡単に使えるツールを同社で提供しています。

 

今回はMicrosoftの提供する『Productivity Power Tools』をご紹介します。

※今回はVisualStudio2017へのインストールを行います。

『Productivity Power Tools』のインストール

Visual Studio Marketplace」から『Productivity Power Tools』の

インストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラーを起動します。

拡張機能をインストールする製品の選択画面が表示されますので、

今回はVisualStudio2017を選択し、「インストール」をクリックします。

※複数の製品がインストールされている場合は

 複数の製品が表示され、選択できるようになります。

インストール完了後、「閉じる」をクリックします。

Visual Studio 2017への適用

Visual Studio 2017を起動すると『Productivity Power Tools』の

Visual Studioへの適用が開始されます。

インストールが完了するとVisual Studioの再起動を求められるので、

「OK」をクリックして再起動します。

インストール完了後は「ツール」⇒「オプション」画面の

左のツリーに『Productivity Power Tools』が表示されるようになります。

『Productivity Power Tools』の機能紹介

とりあえず言葉だけで基本的なところを説明していきます。

Match margin options

アクティブなファイル内でフォーカスされたワードと同じワードが

それぞれmargin(スクロールバー上)、editor(エディター上)で

マークされます。デフォルトだと紫色です。

 

Time stamp margin options

デバッグウィンドウでメッセージの左側にタイムスタンプが追加されます。

実行時にエラーが発生した箇所を時間から追うことが出来ます。

 

Control click options

Ctrl+Clickで定義を表示することが出来ます。

 

Syntactic line compression options

 

エディター画面をぎゅってしてくれるらしいです。

その分表示できる行数が増えるらしいです。

 

Tab Well Appearance and Behavior

タブが表示される位置(デフォルトは上部:Top)、

そのほかの2つはちょっとわかりません…。

 

Tab Appearance

タブへの閉じるボタンの表示と、

正規表現やプロジェクトによるタブの色分けを設定できます。

 

自動テストやXamarinなど、同一ソリューション内に

複数プロジェクトが入るとかなり役立ちます。

 

Sorting

タブのソート順を設定できます。

アルファベットでのソートとかはよく使ったりします。

 

HTML Copy

コピペするときにHTMLの形式を保持できるらしいです。

 

PowerCommands

Ctrl+Sで保存した際に、ワード間のスペース除去やインデント調整

不要なusing文の削除、および整列を自動でしてくれます。

個人的には一番重宝しています。

 

Solution Error Visualizer

警告やエラーが発生しているファイルを

ソリューションエクスプローラーから視認可能になります。

 

非推奨の構文を使わざるを得ない場合などは

ソリューションエクスプローラーが緑でいっぱいになります。

 

まとめ

『Productivity Power Tools』は便利です。

コメント等は自分で入れるとして、

コードの見栄えを良くしてくれるのはありがたいですね。

また、同一ソリューション内に複数プロジェクトが存在する場合にも

開発効率を大きく引き上げてくれます。

スポンサーリンク