一瞬で分かった気になれるXamarinとは』の回でお伝えし忘れていましたが、iOSのアプリを開発するためにはビルド時にiOSが必要となります。

当ブログではiOSを持ち合わせていないため、Androidアプリの開発に主眼を置きます。

クロスプラットフォーム開発なのになぜネイティブ開発環境が必要なのか。

Windows上で開発するAndroidアプリのデバッグには実機、あるいはAndroidのエミュレーターが必要になります。

今回はデバッグに使うエミュレーターをAndroidStudioから設定します。

【参考】Xamarin でも使える高速 Android エミュレータを簡単に作る方法(Windows編)

※VisualStudioからの設定も可能なようですが、備忘録としてAndroidStudioからの設定を記載しております。

VisualStudio付属のエミュレーターは設定が必要

実はVisualStudio2017では『Visual Studio Emulator for Android』という大変便利なエミュレーターをMicrosoftが提供してくれています。

しかし、上記のエミュレーターのシステム要件はWindows8以降のProエディションであり、当ブログで扱うWindows10 Home及びWindows7では使用することが出来ません。

なのでVisualStudioインストールの際に追加でチェックを入れた『Google Android Emulator』を使用することになりますが、これがちょっと曲者です。

理由は下記をどうぞ。

この設定をAndroidStudioから行います。AndroidStudioのインストールは下記をご参考ください。

AndroidStudioでエミュレーターを構築

AndroidStudioを起動し、『Configure』から『SDK Manager』画面を開きます。

(画像切れちゃってて申し訳ないです…。)

『SDK Platforms』タブからAPIレベル23以上のOSにチェックを入れます。

APIレベルとOSの対応は下記をご参照ください。

『SDK Tools』から『Google USB Driver』にチェックを入れ、『OK』をクリックします。

確認画面が表示されますので『OK』をクリックします。

必要なコンポーネントは各環境に合わせてください。

ライセンス条項が表示されますので、『Accept』にチェックを入れて『Next』をクリックします。

インストール完了後、『Finish』をクリックします。

起動画面に戻り、新規プロジェクトを作成します。

プロジェクトはひとまずデフォルトで進んでしまって構いません。

※以降、日本語化対応した画像になります。

プロジェクトを作成するとコンソールにエラーが表示されますので、これをクリックします。

必要なコンポーネントが自動でインストールされるので、完了後『完了』をクリックします。

『AVD マネージャー』を開きます。

エミュレーターが一覧表示されますので、『ダウンロード』をクリックします。

VisualStudioの設定でAPIレベル23をインストールした際はこの他に4つほど表示されるかと思います。

『OK』をクリックします。

インストールが始まりますが、これも結構長いです。

インストール完了後、『完了』をクリックします。

『AVD マネージャー』からエミュレーターを起動します。

無事エミュレーターが起動すれば完了です。

これでVisualStudioからエミュレーターを起動することが出来るようになりました。

その他

SDKの2重インストールになってしまうので、あまりお勧め出来る方法ではないかもしれません。

AndroidStudioを使用してクリックしていくだけなので、容量に余裕がある人向けです。

これこそまさに手探りなので、ご指摘等ありましたらコメントなどで頂けると幸いです。

以上です。

スポンサーリンク