WordPress導入にあたり、サーバーが必要になります。

個人でサーバー機を置くか、レンタルサーバーを使うか。

自前で構築した方が勉強にはなるんでしょうが、今回はコスパの面からレンタルサーバーを選択しました。

本サイトは『エックスサーバー』にインストールしたWordPressで構築しています。

数あるレンタルサーバーの中でエックスサーバーを選択した理由には、ここでは触れません。

エックスサーバー申し込み

エックスサーバーの公式HPへアクセス、「お申し込みはこちら」的なボタンをクリック。

   ※2018年3月30日まで独自ドメインが無料で手に入るようなので、急ぎましょう!

 

「サーバー新規お申込み」をクリック。

必要事項を記入し、「お申込内容の確認」をクリック。

 

「お申し込みをする」をクリック。

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに確認メールが届く。

確認メールにエックスサーバーへのアクセスに必要なIDとPWが記載されているので、大事に保管する。

 

エックスサーバーの公式HPにアクセスし、確認メール記載のログイン情報でログインする。

「インフォパネル」にログインすると、契約情報が確認できる。

使用期間のままなので、次に本契約へと進む。

 

「料金のお支払い」画面に移動し、「お支払方法を選択する」をクリック。

 

お支払方法を選択し、各画面での必要事項を記入し、支払方法の変更を完了する。

 

契約内容が「試用」から「通常」に変更されていることを確認。

独自ドメイン取得

「インフォパネル」の「キャンペーンドメイン」画面で、取得したいドメインを入力し「キャンペーンドメインを取得」をクリック。

※既に使われているドメインも多数存在するため、希望ドメインをいくつか考えておきましょう。

※2018/1/3現在、ドメインが無料で取得できるのは201/3/30までです。

 

ドメインの取得が完了しました。次は取得したドメインの設定になります。

 

「契約一覧」から「サーバーパネル」へアクセスします。

 

「ドメイン設定」をクリック。

 

取得したドメインを入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリック。

※「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」は無効のままでも大丈夫なようです。チェックを入れた場合、市町村までの情報などを入力できます。

取得したドメインの設定が完了しました。

WordPressインストール

操作対象ドメインが先程設定した(あるいは使用したい)ドメインになっていることを確認し、「自動インストール」をクリック。

WordPressの「インストール設定」をクリック。

必要事項を記入し、「インストール(確認)」をクリック。

※サイトへのアクセスURLを「http://migratory-worker.com/」としたかったため、インストールURLの後ろのフォームは空に設定しました。

入力内容を確認し、「インストール(確定)」をクリック。

WordPressがインストールされ、ログイン情報が表示されるので大事に何かにメモしておく。

表示されたURLをクリックするとWordPressの管理画面へ遷移する。(ログイン情報の入力が必要です。)

 

おまけ

最初にデザイン変更などを行うため、サイトが検索などで表示されないようにする場合。

「設定」⇒「表示設定」で、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れる。

 

以上でエックスサーバーのWordPressのインストールは完了です。

レンタルサーバーにはWordPressの簡易インストール機能が標準で搭載されているものが多いので、インストール先ディレクトリとか気にしなくていいのは楽ですね。

スポンサーリンク